吾輩は蚯蚓である。夜を昼を様々な街に縦横無尽に出没するたくましい生き物である。
根っからの外食好き"蚯蚓"の食生態フードダイアリー。

2005年07月30日

東京・二子玉川(モロッコ料理)〜水タバコで至福のひと時を

本日昼に水タバコを求め、この店へはせ参じ候。

モロッコ料理を食べてみたくて以前この店を訪れた。
その折、水タバコなるものを発見し、試してみるとタバコを嗜めない
蚯蚓も心地よく愉しめたため、それ以来これを目当てにこの店へ
行くようになったのである。

早速ランチプレートと共に水タバコを発注。
ランチプレートにつくクスクスは胡瓜等の野菜が程よく入ったサラダ風の美味しさ。
食後のコーヒーと洒落込みたいところであるが、
本日は水タバコでゆったりと食後のひと時を過ごす。

二子玉 クスクス.gif

食べ終わりを見計らって、モロッコ人と思しき外国人のボーイが
タイミングよく燻した水タバコのためのセットを持ってきてくれ、
1〜2回ふかして渡してくれる。

二子玉 水タバコ.gif

テーブルの高さほどある水タバコの器具は、一番上にスモークするための
炭火があり、アルミ箔を介して、中のフレーバー煙草を燻す。
その煙を下のひょうたん様に膨らんだ部分に水が入っており、そこを介して、
パイプから吸うため、水がフィルターの役割を果たし、
心地よいフレーバースモークを吸っている感覚になる。

ゆっくり吸うとこぽこぽと水が音を立て、それと共にフレーバーの
煙たくない煙が肺に向かい、煙をふっと出すと心地よい深呼吸をしたような
感覚があって心が休まる。

これを始めると煙を吸っているせいか、喉が渇くので、水をもらいつつ、
ゆったりと吸う。心地よいこの水タバコを堪能すると、時間が経つのを忘れてしまい、
気づくと軽く1時間は吸ってしまう。

一人でもよし、複数でちょっとずつ楽しむもよしの値段の割りに
得られるリラックス感がたっぷりの嗜好品である。
タバコが苦手な蚯蚓でも心地よく愉しめるため、時間のゆとりのある際に、
またこの店を訪れて至福のひと時を過ごしたいと思う。


この店の場所はこちら





posted by 蚯蚓仙人 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 二子玉川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。