吾輩は蚯蚓である。夜を昼を様々な街に縦横無尽に出没するたくましい生き物である。
根っからの外食好き"蚯蚓"の食生態フードダイアリー。

2006年04月07日

東京・小伝馬町(居酒屋)〜元魚屋の居酒屋

本日夜に徘徊の末に入った居酒屋で
刺身つまみに冷酒を一杯引っ掛け候。

小伝馬町駅からそこそこ距離があるのだが、
天ぷらややら一杯飲み屋など、ガード下の雰囲気で小ぢんまりと
軒を並べる一画に本日の店はある。

馴染み客が殆どのこの店は、6,7人座れるカウンター席と
3,4人ほどのテーブル席のみの小さな店である。
入ると、このような店を営むには比較的若く感じる男性2人が
感じ良く対応してくれ、一人客の蚯蚓に色々と出してくれるように
取り計らってくれる事になった。

まずはビールで乾いたのどを潤し、刺身を頂く。
はじめの一噛みが、がりっとする、魚の身の新鮮さが
よくわかる切り身の食感から、この店の良さが伝わってきて、
久し振りの掘り出しものの店の感触を得た。
鮪やアマダイ等、ちょっと気の利いた刺身も甘味があったり、
脂が乗っていたりで、旨味があり日本酒を発注せずにはいられない。

小伝馬町 はじめの刺身.gif

小伝馬町 鮪など.gif

日本酒なぞも適当に好みを伝えて、あとは適当についでもらって、
気構え無く楽に引っ掛けられる。

店の方は聞くところに元は魚屋で、その甲斐あって、
いい魚を値ごろで提供できるそうである。

元魚屋と称して、小洒落た居酒屋で中途な魚を出す店は多いが、
ここはそういった飾り気は無く、その分安く全てを提供してくれる
いわゆる良心的な店であった。
posted by 蚯蚓仙人 at 00:00| Comment(45) | TrackBack(0) | 小伝馬町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。