吾輩は蚯蚓である。夜を昼を様々な街に縦横無尽に出没するたくましい生き物である。
根っからの外食好き"蚯蚓"の食生態フードダイアリー。

2005年05月06日

特別編 〜蚯蚓山口へ行く (益田編)

本日津和野を過ぎ、島根県の益田まで足を運び候。

電車に揺られ、片道約2時間の小旅行である。
津和野のような街の一区画が小京都といったところではないのだが、
古い神社や寺が散在するちょっとした観光地である。

午前中は市内でのんびりしていたこともあり、益田へ来たのはもう昼も十分過ぎた頃。
タクシーやバスを駆使したり、延々歩いて神社お寺をまわり、
もう日が落ち、列車の時間が気になる頃、
駅方向へ向かうタクシーの運転手のお薦めの店で夕食をとることにした。
駅からは少し外れた田圃が目の前といった場所で民家の中を改築し、
店にしたといった雰囲気。
入り口が2階で靴を脱ぎ、階段を下りると生け簀やカウンターが目に飛び込む。

益田 遂倏.gif

席は基本的に個室なのでほりごたつ式の座敷部屋に案内され、そのまま注文を行う。
時間もないことから刺身とウニ丼定食を発注。
すぐ出る小鉢も併せて発注し、ビールを頂き一息つく間もなく小鉢や刺身が来た。
タコはなかなかであるが、薄づくりの鯛、その他は今ひとつぴんと来ない。

益田 お造り.gif

ウニ丼は大中小とウニの量の違いで3種類、写真は中であるが、ご飯が平盛のため、
ウニが少量に感じる。
ごまだれをかけていただくと確かに旨味十分なウニを堪能できるが、
海苔が多すぎて味がぼける。
豆腐は豆から作った完全手作りで、薪のような燻した感じの香りがしつつ
濃厚な豆の味がして、食感はなめらかというよりは、
おぼろ豆腐のようなふんわりしたものに少しざらつきがある感じで
素朴でいて芳醇な味わいで実に美味しい。
これらを少々あわて気味に頂き、駅へはせ参じ、一路山口へと向かったのであった。

益田 うに丼.gif

ここ益田は海にほど近い場所にあるところで、正直生け簀を設けず、
新鮮な魚を出すことも、知恵と工夫によっては容易なはずで、
民家づくりの雰囲気はあるものの、
料理は見た目は良かれど仕事は普通の居酒屋と同等、価格等を考慮すると
今ひとつうなずけないところがある。

山口市内だけでなく、ここ益田にも雪舟の庭があるということもあって、
足を運んでみたが、山口のものより観光っけがなくひっそりとしたたたずまいで
心静かに拝観できる。
桜や紅葉以外にもツツジの良い季節も楽しめる庭の造りであったせいもあるが、
その他の建物や襖画、掛け軸なども個人的には趣を感じ、市内のもの以上の好感が持てた。
日帰りするには夜7時半出発の電車に乗らなければならないという制約もあって、
ゆっくり出来なかった感もあるが、この街にはまたゆっくり出来る際に
足を運んでみたいものである。
posted by 蚯蚓仙人 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。