吾輩は蚯蚓である。夜を昼を様々な街に縦横無尽に出没するたくましい生き物である。
根っからの外食好き"蚯蚓"の食生態フードダイアリー。

2005年05月26日

下北沢(担々麺) 〜重厚感ある担々麺 

本日店の中休み頃に遅い昼食を頂き候。
たまたま、下北沢で手早く昼を済ませたいと思っていたところ、この店に遭遇。
どっちの料理ショーでも取り上げられたなどをウリにしているので、
大はずれはないだろうと信じて入ってみることにした。

店は独特のクミンシードのようなエスニックな香りが漂っており、
カウンター席がメインにならぶ一種独特の印象を受ける。
色々な具材を変えて種類を違えた担々麺などもあったが、
ベーシックなものを食券購入により発注。
程なくして皿が来た。

下北沢 たんたんめん.gif

スープは紹興酒のような泡盛のような酒の香りに気を緩める間に
通常の胡麻の香りが効いた味わいに襲われ、
この担々麺の奥に潜む味わいの豊かさを予感させる。
肉味噌は上に載っているテンメンジャンで味付けされた肉味噌と、
既にスープに潜んでいる胡麻、松の実の混ざったコクのあるほっとする味わいと
何か分からないエスニック風の爽やかな香りのする肉味噌の2種あるような
重厚感あるもので、固めの細ちぢれ麺にこれらが良くからんできて深い味わいを出す。
気持ち山椒のような香りもするが重厚感ある味わいにそれも見いだせない風味となって、
頂ける。

このところ、担々麺の経験を増やすべく色々な店で試していたにもかかわらず、
個性に乏しく胡麻と辛みのラー油の濃厚な旨味に依存した怠慢な担々麺に
遭遇することが多かったように感じている。
そのようなこともあって、久しぶりのこだわった担々麺を頂けて心地よい気持ちになった。

担々麺は若いとは言いがたい蚯蚓にとっては日々足で稼いで深堀するには
いささか重たい食べ物であるため、担々麺を特集していた雑誌(バックナンバー)など
取り寄せて、今後は深めていきたいと弱気になる今日この頃であった。
posted by 蚯蚓仙人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 下北沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。