吾輩は蚯蚓である。夜を昼を様々な街に縦横無尽に出没するたくましい生き物である。
根っからの外食好き"蚯蚓"の食生態フードダイアリー。

2005年05月12日

下北沢(中華) 〜待望の海鮮冷し

本日夜に下北沢へはせ参じ候。

以前記事にしたふかひれラーメンのお店から義理堅く連絡があり、
時間を見つけ、期待を胸にそのためだけに下北沢に参上した次第である。

店に入り席に着くと同時に冷しを発注。
冷し開始の連絡をくれたサービスマンの方が、気を利かせて
山椒の風味の効いた大根の漬物の小鉢やらを出してくれたが、
ともかくあの味を一口目に、と思いを馳せて遠慮気味に漬物をつまみつつ、
皿が来るまで我慢していると、程なくして麺が来た。

冷しというと胡麻ダレのベージュ色や醤油ダレの黒いものを連想するが、
この店の冷しは見た目に綺麗な真っ白な甘酢のタレで仕上げる美しい一皿である。
従って写真のような白い皿に盛られると、具の鮮やかな原色がそのまま際立ち、食欲が増す。

下北沢 海鮮冷し.gif

早速一口。
コシと艶のある麺を口にすると、生姜のような香りと柑橘系のような複雑な香りが
かすかによぎりながら、噛む頃にはほのかな甘味と酸味がこれまた複雑に絡んできて
これが喉を通ると体がすっきりした感じがする。
これにニンニクの香りが心地よい、下味のついた食感のよいクラゲや
絶妙なゆで加減によって、ぷりっとした食感と甲殻類の旨味と甘味を絶妙に引き出した海老、
一見すると普通に見えるがきちんと仕事のされているトマトなど、
具材と一緒に甘酢の絡む麺と共に口に含むと、甘酢ダレが常に違う皿を頂いているような
とても様々な味の変化を遂げて、口があきるどころか夢中になって食べてしまう。

以前食べた冷しの印象そのままである。

この甘酢がなんとも絶妙だからなせる業、としか言葉に乏しい蚯蚓には表現できないのだが、
ともかくこの冷しを知ってしまって以来、他の店での冷しを発注しようという気持ちが
起こらないのである。
もし他店で発注するとしたら、他の人の発注したものを見て、タレが白かった場合に
興味本位もしくはこの店の味を求めて発注する可能性がある位で、
基本ここの冷しが蚯蚓の理想に限りなく近いと言って、過言ではない。

他群を抜いて美味しい冷しであるが、強いて難を言えば、
蚯蚓は胡瓜が何かと混ざると、胡瓜の青い瓜臭さが
他の風味より勝ってしまう為、料理の彩りとしての重要性は確かにあるものの、
皿全体の風味の天敵としてあまり好まない食材の一つである。
そのためこの胡瓜の皮を完全にむいて瓜臭さを半減させるなど、
一仕事したようなものになれば、おそらく蚯蚓の理想の一品となるであろう。

下北沢に用事と云う事がめったにない蚯蚓であるが、
今年の夏は人を連れ立って、これを用事に下北沢へ足を運び、
冷し以外の色々な皿についても楽しんでみたいと思う。

このお店の場所はこちらです。
posted by 蚯蚓仙人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 下北沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。